【宮島ボート・東京スポーツグループ杯】初日メイン1号艇・市橋卓士 低調機でも「悪くない」

【宮島ボート・東京スポーツグループ杯】初日メイン1号艇・市橋卓士 低調機でも「悪くない」
市橋卓士

 ボートレース宮島の「第3回東京スポーツグループ杯」の5日間シリーズが18日に開幕する。それに先立ち、前検日の17日はエンジン抽選、スタート特訓などが行われた。

 初日のメイン、12Rの「モンタドリーム」は、市橋卓士(徳島=41)が1号艇に組まれた。59号機の機率は20%、ボートの2連率も27%とセットで低勝率だが、前検は「もらったままで乗ったが悪くない。(班で)一緒か少し余裕がある」とまずまずの動き。好枠で1番人気となりそうだが、それに応えるだけのデキはあるとみていい。

 また、3号艇の塩田北斗(福岡=33)が6秒58の前検一番時計をマークしており、こちらも注目したい存在だ。

 予選組では前節V機の40号機をゲットした地元の若手、新田洋一(広島=27)が意気揚々としていたのが印象的だった。

「正月に、おみくじを引いたら〝大吉〟だった。宮島もいいエンジンをよく引く」と強運ぶりを発揮。前検の手応えも「出足、回り足がしっかりしていたし、潮が高い割に乗りやすかった」と文句なし。今節の台風の目になりそうだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボートレース」に関する記事

「ボートレース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボートレース」の記事

次に読みたい「ボートレース」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。