フィギュア「全米優勝」ネーサン・チェンの演技に見えた羽生結弦との差

フィギュア「全米優勝」ネーサン・チェンの演技に見えた羽生結弦との差
一昨年の世界選手権ではチェン(右)が金メダル、羽生は銀メダルだった

 17日(日本時間18日)にフリーが行われたフィギュアスケートの「全米選手権」男子は、2018、19年に世界選手権を連覇したネーサン・チェン(21)が優勝し、71年ぶりの5連覇を達成して幕を閉じた。

 まずはショートプログラム(SP)で圧巻の演技を披露。フリーは冒頭の4回転ルッツこそ着氷でステップアウトして手を突くミスがあったが、その後は4回転フリップ―3回転トーループのコンビネーションを無難に成功させると、3回転ルッツ、4回転サルコー、4回転トーループからの3回転フリップ、4回転―3回転トーループのコンビネーション、最後はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も鮮やかに決めた。ステップ、スピンも全てレベル4を獲得。合計322・28点で、2位のビンセント・ジョウ(20)に30点以上の大差をつける圧勝だった。

 こうなると、3月末に開催予定の「世界選手権」(スウェーデン・ストックホルム)で羽生結弦(26=ANA)との決戦の行方に注目が集まる。五輪2連覇中の王者・羽生は一足先に昨年12月の「全日本選手権」で優勝。その時の得点が合計で319・36点で、今回のチェンのスコアに2・92点及ばない。この差をどう見るか。

 周知のとおり全日本選手権も全米選手権もローカル大会のため、得点は国際スケート連盟公認にはならない。そして、ローカル大会の得点はやや甘めに出る傾向があるため、今回の両者のスコアがどこまで世界選手権に反映されるかは微妙だ。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。