【初場所】角界で新たなコロナ感染 元大関千代大海の九重親方ら5人が陽性

【初場所】角界で新たなコロナ感染 元大関千代大海の九重親方ら5人が陽性
拡大する(全1枚)
九重親方

 日本相撲協会は18日、九重部屋で師匠の九重親方(44=元大関千代大海)と幕下以下の力士4人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったことを発表した。

 相撲協会は初場所前に親方や力士ら全協会員を対象にPCR検査を実施。九重部屋では幕内千代翔馬(29)、十両千代鳳(28)、幕下以下2人の計4人の力士の感染が判明した。九重部屋に所属する協会員は陰性者を含めて全員が初場所を休場している。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク