森保ジャパンの〝元10番〟中島翔哉 ポルト→アルアイン〝都落ち〟決断の思惑

森保ジャパンの〝元10番〟中島翔哉 ポルト→アルアイン〝都落ち〟決断の思惑
19年のモンゴル戦で代表の10番を背負った中島
       

 元日本代表MF中島翔哉(26)が、UAE1部アルアインへの電撃移籍を決断した理由とは――。

 森保ジャパンの〝元10番〟は、ポルトガル1部の強豪ポルトから期限付き移籍。クラブの公式ツイッターで「アジア最高のクラブでプレーできることを誇りに思って、幸せに感じている。楽しんで、なおかつたくさん勝利に貢献できるように頑張りたい」と新天地での活躍を誓った。

 中島は2019年にカタール1部アルドハイルでプレーしているが、なぜこのタイミングで欧州屈指の名門から再び中東に〝都落ち〟したのか。日本でプレーしていたころから中島をよく知るJクラブ関係者は「以前から東京五輪への思いを話すことがあった。とにかくプレーできる場所を探したのではないか」と指摘する。

 中島は森保ジャパンで中心選手として台頭し、2019年6月の南米選手権(ブラジル)では東京五輪世代の主力たちとも見事な連係を見せた。日本サッカー協会の幹部は、世代が近い前回大会のリオデジャネイロ五輪世代をオーバーエージ(OA)枠に積極登用する案を示しており、中島は有力候補に浮上していた。

 そうした背景もあり中島も地元開催の大舞台への意欲を高めていったが、昨季途中からポルトで出場機会が激減。今冬の移籍市場を前に構想外となり、このままプレーできなければ、OAでの東京五輪代表メンバー入りは絶望的となるため、移籍に踏み切ったわけだ。

 現地メディアによると契約期間は6月末までの半年間。今夏開催は厳しい状況となりつつあるが、東京五輪への強い覚悟で中東から巻き返しを図る。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月19日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。