【初場所】相撲協会が九重部屋のコロナ感染者を10人に〝訂正〟 それでも「場所への影響はない」

【初場所】相撲協会が九重部屋のコロナ感染者を10人に〝訂正〟 それでも「場所への影響はない」
拡大する(全1枚)
九重親方

 大相撲初場所10日目(19日、東京・両国国技館)、日本相撲協会の芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)が電話取材に応じ、九重部屋で新たに幕下以下の力士4人と行司1人が新型コロナウイルスに感染したことを明かした。協会は18日に師匠の九重親方(44=元大関千代大海)と幕下以下の力士4人の感染を発表したばかりだが「昨日の時点では分からなかった」と説明。また、計10人のうち4人はこの日、入院した。

 初場所前の全協会員を対象に実施したPCR検査では幕内千代翔馬(29)、十両千代鳳(28)、幕下以下2人の計4人の力士が陽性となり、九重部屋に所属する協会員は全員が初場所を休場した。芝田山広報部長によれば、今回は部屋で生活する27人が検査を受けて10人が感染。入院した4人については「症状が出ている者、基礎疾患のある者。専門家の先生が判断した」という。

 前回、感染が判明してから1週間以上が経過したが、新たな感染に芝田山広報部長も困惑気味。「消毒をしていても発生するこういう状況だから、外に出歩くこともない。最初にかかった人のウイルスが5、6日たっても残っていたということ。残りの陰性者もいるけど、また(陽性者が)出るか出ないかも分からない」

 それでも宮城野部屋、荒汐部屋では新たな感染者は確認されておらず「ここで収まってくれれば。一つの部屋で収まっているし、場所への影響はない」と語った。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク