直前の北京五輪に5選手も派遣したのに…「WBCボイコット」で国民の敵になった落合竜

【球界平成裏面史・中日WBCボイコット騒動(1)】「ある球団においては、誰ひとりも協力しないということだった。やや寂しい部分がある」。平成20年(2008年)11月21日、東京都内のホテルで行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のスタッフ会議後、侍ジャパン原辰徳監督が発したコメントによって中日・落合博満監督とドラゴンズは日本中から大バッシングを浴びることになった。原監督の言う〝ある球団〟とは中日を指していたからだ。

 中日は代表候補に選出されていた岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文、森野将彦の4人全員が辞退。代替メンバーとして和田一浩にも打診もあったが「要請はしたんですが答えは『NO』ということでした」(原監督)。WBCには12球団で全面協力することが確認されていたにも関わらず、中日だけ候補選手全員が拒否した格好となり、平成18年の第1回大会に続くWBC連覇を目指していた原監督が憤慨するのも無理はなかった。

 もっとも中日ナインにはWBC出場に積極的になれない事情もあった。この年8月に行われた北京五輪に中日は12球団最多となる5選手(川上憲伸、岩瀬、荒木雅博、森野、台湾代表のチェン・ウェイン)を派遣した。同五輪では元中日監督の星野仙一氏が日本代表監督を務めていたこともあり、川上(中継ぎとしてチーム最多の5試合に登板)と岩瀬(4試合に登板)はフル回転したが、準決勝の韓国戦で岩瀬、3位決定戦の米国戦では川上が敗戦投手となって星野ジャパンはメダル獲得に失敗。2人は心身ともにボロボロの状態で帰国した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「侍ジャパン」に関する記事

「侍ジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「侍ジャパン」の記事

次に読みたい「侍ジャパン」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク