ハンドボール男子世界選手権 24年ぶり2度目の1次リーグ突破

記事まとめ

  • ハンドボール男子の世界選手権1次リーグ最終戦があった。
  • 日本はアンゴラに30−29で競り勝って初白星をマーク。
  • 24年ぶり2度目の1次リーグ突破を果たした。

【ハンドボール男子】世界選手権24年ぶり2度目の1次リーグ突破

【ハンドボール男子】世界選手権24年ぶり2度目の1次リーグ突破
1次リーグ突破を決めて喜ぶ日本代表(ロイター)

 ハンドボール男子の世界選手権(19日、エジプトのアレクサンドリアなど)1次リーグ最終戦でC組の日本はアンゴラに30―29で競り勝って初白星をマーク。通算1勝1分け1敗の3位で2次リーグ進出を決めた。1997年の熊本大会以来、24年ぶり2度目の1次リーグ突破を果たした。

 前半を16―12と4点リードで折り返すと、後半に入ると、差を縮められて一時はリードを許したが、主将の土井レミイ杏利(31=大崎電気)のゴールなどで逆転し、最後は懸命のディフェンスで勝利した。

 日本は2次リーグでアルゼンチン、デンマーク、バーレーンと戦う。1次リーグでも同組だったクロアチアとカタールとの対戦結果は持ち越すため、1分け1敗からのスタートとなる。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。