【桐生ボート】ベテラン吉川昭男が予選トップで準優へ 地元・毒島誠は2位「足はまだ中堅」

【桐生ボート】ベテラン吉川昭男が予選トップで準優へ 地元・毒島誠は2位「足はまだ中堅」
吉川昭男(左)と毒島誠

 ボートレース桐生の「第14回マンスリーBOATRACE杯」は21日、3日間の予選を終了した。

 今節の大本命で地元のエース・毒島誠(群馬=37)を抑えて、ベテラン吉川昭男(滋賀=47)が予選をトップ通過を決めた。

 これも今年に入ってから全国各地で吹き始めた〝滋賀旋風〟に乗ったのか、予選最終戦の3日目3Rは2着(後半戦11Rは得点争いに無関係の一般戦で3着)に終わり、3連勝とはならなかったがトータル6戦3勝でオール舟券絡みの好成績。

 3日目は「(プロペラを)回していったが、伸びが落ちて、バランスが悪かった」と、やや調整は外したが、それでも回り足を中心に機力は水準以上のモノ。「プロペラ調整をして反応があるし、エンジンはいいと思う。2日目の状態に戻せば大丈夫! 合えば上位級の足」と、準優に向けて万全を期している。

 一方、毒島は2日目こそ白星はなかったが、初日に続き、3日目も2連勝! 予選トップ通過は逃したものの、2位での突破で準優勝戦10Rの1号艇は確保、意地を見せた。

 ただ、舟足は変わらず「3日目はマシだったけど、足はまだ中堅の域」と、心もとないのが現状だ。「プロペラが合えば、気持ち良く乗れるんだけどね。(ターンでのボートの)かかりを良くしたい」と、引き続き底上げを図る。

 V争いはこの両者の一騎打ちムードとなってきた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボートレース」に関する記事

「ボートレース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボートレース」の記事

次に読みたい「ボートレース」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。