井岡一翔が出場停止などの〝厳罰〟にならなかった理由とは? JBCから「厳重注意」処分

井岡一翔が出場停止などの〝厳罰〟にならなかった理由とは? JBCから「厳重注意」処分
入れ墨がハッキリ見えてしまった井岡一翔

 日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、大みそかのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで試合中にタトゥーが露出した王者の井岡一翔(31=Ambition)を厳重注意処分にしたことを発表した。

 JBCの倫理委員会は処分の理由について、田中恒成(25=畑中)と戦った試合で「入れ墨を隠す塗布物が剥がれ落ち、左腕の入れ墨が露出したまま試合を続行した。このことはJBCルール第95条2号に抵触するもの」とした。

 そのルール第95条では「次の各号に該当するボクサーは、試合に出場することができない」と「欠格事由」が明記されおり、2号には「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」と具体的に記載されている。

 一翔のリング上での姿は明らかにこれに抵触した。この件をめぐっては年明けからボクシング界を飛び越え、芸能界を含む様々な業界からの意見が噴出。ネット上では「厳罰で当然」といった声も多かったこともあり、出場(ライセンス)停止などのない「処分」には予想外に軽い、との印象を与えた感もある。

 元々JBCでは、入れ墨についてはレーザーで焼くか、皮膚移植をするかで「完全に消す」ことしか認めていなかった。

 それがあまりに広範囲に及んで医者が「これ以上の移植は無理」と判断したことがあった。ルールを厳格に適用するとリングに上がることはできない。だが「皮膚移植をする努力までした選手を『まだ見えてる』との理由で排除してしまうのは正しいことか? となり、それならば塗布剤を使うことで見えないようにしなさい、となった」(安河内剛JBC事務局長)経緯がある。


当時の記事を読む

井岡一翔のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井岡一翔」に関する記事

「井岡一翔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井岡一翔」の記事

次に読みたい「井岡一翔」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 井岡一翔 Instagram
  2. 井岡一翔 谷村奈南

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。