【競泳】松元克央200自で日本新! 東京五輪へ準備継続「さらにタイムが伸びる」

【競泳】松元克央200自で日本新! 東京五輪へ準備継続「さらにタイムが伸びる」
日本記録をマークしボードを掲げる松元克央(代表撮影)

 カツオが旬を迎えつつある。競泳の北島康介杯第1日(22日、東京辰巳国際水泳場)、男子200メートル自由形で松元克央(23=セントラルスポーツ)が金メダルへの第一歩を踏み出した。

 2019年の世界選手権で銀メダルを獲得した得意種目で前半から飛び出すと、後続を大きく引き離し、1分45秒13の日本新記録を叩き出して優勝。「素直にうれしく思う。年末年始にたくさんトレーニングした成果が出た。(日本新が)出たらいいなと思っていて、それがかなったので実力がついているなと思った」と手応えを口にした。 

 ただ、満足はしておらず「無駄な力を使わずに(最後にスピードを)上げられるかが課題。今回は無駄な力を使わずにできた。五輪本番のレースの参考になるので、この延長線上でもっとタイムが上がる泳ぎを作れれば、さらにタイムが伸びるのではと考えている」とさらなる高みを見据えた。

 東京五輪は新型コロナウイルス禍の影響で1年延期となったものの、終息する気配は見られない。一部の海外メディアからは中止論が飛び出す事態となっているが「僕は準備するしかない。金メダルへの準備、相当な覚悟を決めて練習するのみ」ときっぱり。表彰台の頂点へ、己の力で道を切り開いていく。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。