【初場所】剣翔が不戦勝で2度目の十両優勝

【初場所】剣翔が不戦勝で2度目の十両優勝
不戦勝で十両優勝を決めた剣翔
       

 大相撲初場所千秋楽(24日、東京・両国国技館)、十両勢(34=伊勢ノ海)が日本相撲協会に「左母指中手骨脱臼骨折」との診断書を提出し、2005年春場所の初土俵から初めての休場。連続出場は1090回でストップした。

 これにより対戦相手の十両剣翔(29=追手風)は不戦勝。19年名古屋場所以来、2度目の十両優勝が決まった。

 また、今場所は新型コロナウイルス感染拡大の影響などで十両以上の関取16人が初日から不在で、10日目に大関貴景勝(24=常盤山)が休場し、02年名古屋場所を上回る戦後ワーストになった。その後、14日目に十両美ノ海(27=木瀬)、この日の勢で19人となり、さらに更新した。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。