【初場所】骨折・勢の初休場に師匠・伊勢ノ海親方「悔しいと思う」

【初場所】骨折・勢の初休場に師匠・伊勢ノ海親方「悔しいと思う」
拡大する(全1枚)
14日目に寄り切りで大翔鵬に敗れた勢

 大相撲初場所千秋楽(24日、東京・両国国技館)、十両勢(34=伊勢ノ海)が左手を骨折して2005年春場所の初土俵以来、初めて休場したことを受け、師匠の伊勢ノ海親方(55=元幕内北勝鬨)が電話取材に応じた。

 伊勢ノ海親方によれば、勢は前日の西幕下4枚目大翔鵬(26=追手風)戦で「(左手親指の)付け根あたり」を負傷し、念のためレントゲン検査を受けた結果、骨折していることが判明。その後「診断書を持ってきて休場したいということだったので、休場させた」という。

 これまで連続出場1090回と無休で土俵に上がっていただけに「本人は悔しいと思う」。

 一方、今場所は6勝8敗1休に終わり、春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)では幕下に落ちる可能性がある。今後については「まだ話はしていない。これから何らかの形で話はするだろう。(相撲を)取るのは本人なので、本人の意向が第一だと思う」と語った。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。