【アメリカJCC】菊花賞でコントレイルを苦しめたアリストテレスが重賞初V ルメールは3週連続重賞勝ち

 古馬芝GⅡ戦の第62回アメリカジョッキークラブカップ(24日=中山競馬場、外回り2200メートル)は、ルメール騎手騎乗の1番人気アリストテレス(牡4・音無厩舎)が直線外からライバルをねじ伏せ、重賞初V。昨年の菊花賞(クビ差2着)で3冠馬コントレイルを最後まで苦しめた力が本物であることを証明した。2着には3番人気のヴェルトライゼンデ、3着には6番人気のラストドラフトが入った。 

 今月11日のGⅢフェアリーS(ファインルージュ)、同17日のGⅢ京成杯(グラティアス)に続く3週連続重賞勝ちとなったルメール騎手は「4コーナーで勝つ自信がありましたが、この重い馬場(不良)で直線は長く感じました。今日は休み明けでトップコンディションではなかったので、トップコンディションになればGⅠを勝てます」と力説した。

 2着=ヴェルトライゼンデ・池添騎手「馬場に脚を取られていたし、道中も手綱を抱えるところがなくて促しながらの追走。4角では勝ち馬と手応えが違ったが、最後は底力だけで2着に来てくれた。今日は馬場の適性の差が出たけど改めて走る馬だと感じた」

 3着=ラストドラフト・三浦騎手「この馬場でも一生懸命に走ってくれた。この相手に頑張ってくれたし、良馬場ならと思える内容だった」

 4着=ステイフーリッシュ・石橋脩騎手「返し馬からいい馬と感じた。他馬に早めに動かれて苦しくなったけど、最後は盛り返してくれた」

 5着=モズベッロ・北村宏騎手「リズム重視に運んで最後は外に出してほしいとの指示。上位馬と同じように伸びてきたし、体調も戻りつつある」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「菊花賞」に関する記事

「菊花賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菊花賞」の記事

次に読みたい「菊花賞」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク