【競泳】19歳・佐藤翔馬が世界歴代4位でVも…「悔しいっていう面もある」

【競泳】19歳・佐藤翔馬が世界歴代4位でVも…「悔しいっていう面もある」
佐藤翔馬(代表撮影)

 競泳北島康介杯最終日(24日、東京辰巳国際水泳場)、男子200メートル平泳ぎ決勝が行われ、佐藤翔馬(19=東京SC)が世界歴代4位となる2分6秒78の好記録で優勝した。

 渡辺一平(23=トヨタ自動車)が持つ日本記録(2分6秒67)まで0秒11差に迫る圧巻の泳ぎを見せたが、レース直後には悔しそうな表情で「複雑な気持ち。(2分)6秒台が初めて出てうれしいって思う半面、あと日本新まで0・1秒だったので悔しいっていう面もある」と振り返った。

 とはいえ、この時期に6秒台が出たのは大きなプラス。「この大会では7秒台が出ればいいなと思っていたので、そこでしっかりと6秒台を出せたのは、自分が思っている以上にいい結果だったと思う」と収穫を口にした。

 次戦のジャパンオープン(2月、東京アクアティクスセンター)に向けては「今回はそこまで調整はしていないので、ジャパンオープンに向けてしっかりと調整して、ジャパンオープンでももっと速いタイムを出したい」と決意を述べた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「水泳」に関する記事

「水泳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「水泳」の記事

次に読みたい「水泳」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 水泳 女子
  2. 水泳 萩野公介

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。