【初場所】朝乃山は〝自分の相撲〟でカド番脱出 平幕優勝には「悔しい」

【初場所】朝乃山は〝自分の相撲〟でカド番脱出 平幕優勝には「悔しい」
拡大する(全1枚)
押し出しで正代を下した朝乃山

 大相撲初場所千秋楽(24日、東京・両国国技館)、大関朝乃山(26=高砂)は大関正代(29=時津風)を押し出して11勝目(4敗)。15日間を終え、取組後は「勝っても負けても来場所につなげる気持ちでいきました」と振り返った。

 今場所は自身初のカド番だったが「意識せず、自分の相撲を取りきることだけを考えた。それが今場所の成績につながった」という。一方で6日目までに3敗を喫し、V争いのトップに立つことはできず。初優勝を飾った幕内大栄翔(27=追手風)については「自分の押し相撲を貫いていた。当たって腕が伸びて足も出ていた」と語った。

 平幕から優勝力士が出たことに「悔しい」と漏らした大関。春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)に向けて「しっかり稽古して頑張りたい」と気合を入れていた。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。