日本ハムの救世主に期待! 新庄監督誕生か

日本ハムの救世主に期待! 新庄監督誕生か
新庄氏の監督就任はあるのか

 ひょっとしたら、ひょっとするかもしれない。観客動員で苦しむ日本ハムの救世主として“あの男”に注目が集まっている。今季が就任10年目となる栗山英樹監督(59)の後任候補に球団OBでもある新庄剛志氏(48)を推す声が上がっているのだ。昨年12月の12球団合同トライアウトで「不合格」となり、プロ野球界とは一線を引いた格好だが、現実味はあるのか? チーム関係者から漏れ伝わる本音とは――。

 日本ハムが本拠地を北海道に移転したのは2004年。閑古鳥が鳴くこともあった東京ドーム時代から一転し、道民に愛される球団として観客動員は順調に増え続け、二刀流の大谷翔平投手(26=現エンゼルス)を擁して日本一に輝いた16年と、同投手の最終年となった17年は2年連続で200万人の大台を突破した。

 しかし、大谷が海を渡った18、19年は197万人前後を推移し、新型コロナウイルス禍にチームの成績不振が重なった昨年は上限5000人の期間に2000人を大きく割り込んだり、収容率50%以内の動員が可能になった9月19日以降も3000人台を連発するなど観客動員で苦戦続きだ。

 要因はいくつか考えられる。16年の日本一から4季で3度の5位という低迷だけでなく、大谷をはじめ、ダルビッシュ有投手(34=現パドレス)や陽岱鋼外野手(34=現巨人)、増井浩俊投手(36=現オリックス)ら、高給取りとなった選手に他球団や海外から“お迎え”が来たり、糸井嘉男外野手(39=現阪神)のようにトレードで放出されるケースが目立つ。球団の方針とはいえ、ファンにしてみればやりきれない気持ちもあるだろう。ちなみに昨オフは有原航平投手(28)がポスティングシステムを利用し、レンジャーズに移籍した。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月26日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。