【トラック&マラソン】鈴木朋樹 二刀流挑戦に迷いなし!! 日本人未知の領域を開拓したい

【Restart パラヒーローズ その壁を乗り越えろ(24)】パラ陸上(T54)の鈴木朋樹(26=トヨタ自動車)は、トラックとマラソンの“二刀流”で世界に挑む。かねて目標とする東京パラリンピックまで残り約7か月。あえていばらの道を進むランナーの胸中とは――。

「どうしたらできるようになるかを探りながらやっていた」。生後8か月で交通事故に遭い、脊髄を損傷。物心ついたときから車いす生活だった。それでも「医師からは鉄棒とかブランコはできないんじゃないかって言われたけど、先生の介助とかもお願いして、鉄棒やブランコができるようになった」と一つひとつ壁を乗り越え、健常者の友人とともに学校生活を送っていた。

 そんな活発な少年がパラ陸上の道を本格的に歩みだしたのは、小学5年のころだった。幼少期から通っていたクラブチームで2度パラリンピックに出場した花岡伸和氏(44=現日本パラ陸連副理事長)に出会ったのがきっかけだった。鈴木の走りを見た花岡氏が「自分よりも絶対に速くなるだろう」と才能を見抜き、定期的に鈴木の練習に付き合うようになった。

 大学入学後には「パラの舞台で活躍できるような選手になりたい」と一念発起。パラリンピックへの挑戦が始まった。2016年リオデジャネイロ大会は出場を逃したものの、19年WPAマラソン世界選手権(ロンドン・マラソン)で銅メダルを獲得。マラソンで東京大会の切符をつかんだ。しかし、トラック種目の「800メートル、1500メートルでも必ず代表に入りたい」と満足する様子は見られない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク