【大相撲】白鵬がコロナの症状告白 ちゃんこで感染を確信「においがなかった」

【大相撲】白鵬がコロナの症状告白 ちゃんこで感染を確信「においがなかった」
炎鵬に胸を出す白鵬

 大相撲横綱白鵬(35=宮城野)が22日、新型コロナウイルスに感染した実体験を証言した。白鵬は年明けの1月5日にコロナ感染が判明。4場所ぶりの出場を目指していた初場所は休場を余儀なくされた。白鵬が最初に体調の異変を自覚したのは、1月3日の朝稽古でのことだった。

「場所前ですから(稽古の)番数こなさなきゃいけないという思いで、稽古をしました。20番以上やるつもりで稽古に臨んだんですけど、10番しか稽古できなかったんですよ。これちょっとおかしいなと思って。息も上がってた」

 白鵬が抱いた疑念は、稽古後に部屋の力士たちとちゃんこを囲んだ際に「確信」へと変わった。

「ちゃんこ食べてる時に、炎鵬は米が嫌いなんだけど『米がくさい』とか言うから。それで〝どれ〟と言って米のにおいをかいでみたところ、においがなかった。そこで気づきましたね。夕方からはトレーニングもしようと思っていたんだけどキャンセルして、検査しました」

 検査から2日後に陽性が判明。その後は保健所の指示で入院生活を送ることになった。外部と隔離された不慣れな環境には苦労もあった。

「8日間、9日間か。本読んだりとかね。もう少しいたら、変になったかもしれない。(病室内を)掃除してゴミを見つけたらうれしかったりとか」

 幸いにもコロナは重症化せず、比較的軽い症状で済んだ。しかし、力士にとって、本場所へ向けてつくり上げてきた体を元に戻してしまった影響は小さくはない。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。