【JRA】障害重賞3勝の佐久間が2月いっぱいで騎手を引退 調教助手に転身

 JRA通算65勝(平地27勝、障害38勝=21日終了現在)を挙げている佐久間寛志騎手(36=栗東・渡辺)が28日をもって騎手を引退することが分かった。引退後は渡辺薫彦厩舎で調教助手となる予定。

 同騎手は08~09年にテイエムトッパズレとのコンビで京都ジャンプS、東京ハイジャンプ、京都ハイジャンプと3つの障害重賞を制している。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク