【全日本】3・21京都大会で3冠王者・諏訪魔がヨシタツと7度目の防衛戦

【全日本】3・21京都大会で3冠王者・諏訪魔がヨシタツと7度目の防衛戦
3冠戦での激突が決まった王者・諏訪魔(右)と挑戦者・ヨシタツ

 全日本プロレスは24日、3月21日の京都・KBSホール大会で3冠ヘビー級選手権を開催すると発表した。V7戦で王者の諏訪魔(44)にヨシタツ(43)が挑戦する。

 23日の後楽園大会で佐藤耕平(43)を退け、V6に成功した諏訪魔にヨシタツが次期挑戦を表明。シングル3連敗中の諏訪魔も受諾した。

 しかもヨシタツは3月シリーズで異種格闘技戦をやると表明。古巣の新日本プロレスで、かつてアントニオ猪木が異種格闘技戦で活躍したことにならってのもので「3冠を巻いて、プロレスの王者として異種格闘技戦に臨む。そして勝利して俺の王道ストロングスタイル、超王道というものを確立させる」と宣言する。

 春の祭典「チャンピオン・カーニバル」(4月9日、大阪で開幕)にエントリーした諏訪魔に対し、ヨシタツは出場を辞退。このあたりの駆け引きも注目を集めそうだ。

 この他、同京都大会では世界ジュニアヘビー級王者のCIMA(43)が初防衛戦でイザナギを迎え撃つ。

 また3月14日の後楽園ホール大会では世界タッグ選手権が行われ、王者の宮原健斗(31)、青柳優馬(25)組にゼウス(39)、入江茂弘(32)組が挑戦する。イザナギとアジアタッグも保持するゼウスは、タッグ2冠がかかる一戦になる。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全日本プロレス」に関する記事

「全日本プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「全日本プロレス」の記事

次に読みたい「全日本プロレス」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全日本プロレス 青木篤志

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。