中日ドラ1・高橋宏が初打撃投手で150キロマーク!福留・大島・ビシエドも熱視線

中日ドラ1・高橋宏が初打撃投手で150キロマーク!福留・大島・ビシエドも熱視線
打撃投手を務めた中日ドラ1・高橋宏

 中日のドラフト1位・高橋宏斗投手(18=中京大中京)が25日、沖縄・読谷での二軍キャンプで初めて打撃投手として登板し、実力の片りんを見せつけた。

 渡辺勝外野手(27)と石垣雅海内野手(22)を相手に25球ずつ50球を投じて30スイング中、安打性の当たりをわずか3本に抑え込んだ。

 対峙した渡辺は「スピードを感じます。僕のときはすごく球が動いていた。外はシュートし、インコースはカット気味に食い込んでくる球もあった」と言えば、石垣も「手元でホップしてくるボールでした。スピードも感じます」と舌を巻く。

 それでも20球がボール球になり、制球を乱したことで本人は「正直、ストライクゾーンに投げることに必死になっていたところがあったので、そこはストライクゾーンで勝負できるような球をもう少し磨いていかないといけない」と反省を口にした。

 とはいえ、直球の伸びは抜群で自己最速まであと4キロに迫る150キロをマーク。無安打に抑えた渡辺への25球目にはこの日の最速を計測し、バットをへし折る一幕もあったが「だいぶ力任せに投げていた部分はあったけど、途中からしっかりとバランスを意識して投げるようにした。球速だけ見たら150という数字はいいと思うけど、まだまだ納得する球が全然なかった。そこはマックスのスピードではなく、常時のスピードや質を意識しているので、そこはあまり気にしていない」と意識の高さを見せる。

 投球中はケージ裏に陣取った福留、大島、ビシエド、藤井らに熱視線を送られた。高橋宏は「大島さんから『見とくでな』と言われて、福留さんからは投げ終わった後『ちょっと力んでたな』と言われました」と明かす。

 竜のベテラン勢も大注目するMAX154キロ右腕の今後の成長が楽しみだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月25日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。