小室哲哉と離婚 KEIKOが直筆文書で果たした3年越しの「復讐」

小室哲哉と離婚 KEIKOが直筆文書で果たした3年越しの「復讐」
左からKEIKO、小室哲哉

 音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚が26日、成立した。これを受けてKEIKOは、所属事務所の公式サイトに直筆の文書をアップ。2018年の引退会見で小室は、KEIKOが「小学4年生レベルの漢字ドリルをやっている」と明かしていたが、直筆文書に書かれた文章は完全に〝大人レベル〟。最後の最後に意地を見せ、引退会見のウソを暴いた形となった?

「ファンの皆様へ 関係各位の皆様へ」と題された直筆文書は「庭の梅の花も咲き、春の気配が感じられる季節になりました。皆様には、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」と時候のあいさつで始まる。

 続けて「私KEIKOは、この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしましたことをご報告させて頂きます。ファンの皆様、関係者の皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけしてまいりましたことを、ここに改めてお詫び申し上げます。お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした」と報告した。

 2002年に小室と結婚したKEIKOは、11年にくも膜下出血を発症。それからは療養生活を送っている。そうしたなかで18年には、看護師Aさんとの不倫報道があった小室が突然、引退を表明した。

 その時に開いた会見で小室が口にしたのが〝介護疲れ〟だった。KEIKOは「高次脳機能障害」を患っており、大人同士の会話ができなくなったこと、小4レベルの漢字ドリルを楽しそうにやっていることなどを赤裸々に明かした。そのため、大人の男女の会話ができるAさんと急接近したという論法だ。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。