【スキー・世界選手権】ジャンプ女子団体で日本は4位

【スキー・世界選手権】ジャンプ女子団体で日本は4位
高梨沙羅(ロイター)

 ノルディックスキーの世界選手権第3日(26日=日本時間27日)、ジャンプの女子団体(ヒルサイズ=HS106メートル)で日本(伊藤有希、勢藤優花、丸山希、高梨沙羅)は4人の合計877・5点で4位だった。959・3点のオーストリアが優勝。

 日本は前回大会から二つ順位を上げたものの、3位のノルウェーとは64・6点の大差がついた。

 前日の個人ノーマルヒルで3位だった高梨は、チームの4番手で飛んだ選手の中では1回目で全体の3位。2回目でも2位の得点を稼いだが、表彰台が遠い結果に「チームの中に影響を与えられるだけの私の力がない」と話していた。

当時の記事を読む

高梨沙羅のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高梨沙羅」に関する記事

「高梨沙羅」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高梨沙羅」の記事

次に読みたい「高梨沙羅」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高梨沙羅 Instagram
  2. 高梨沙羅 オリンピック
  3. 高梨沙羅 メイク

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。