朝倉未来企画の格闘技イベントにシバターが苦言「コレじゃない感がすごい強かった」

朝倉未来企画の格闘技イベントにシバターが苦言「コレじゃない感がすごい強かった」
拡大する(全1枚)
シバター

 格闘家・朝倉未来(28)がスペシャルアドバイザーを務める新規アマチュア格闘技大会「BreakingDown」に“RIZIN無敗の男”人気ユーチューバー・シバター(35)が「コレじゃない感がすごい強かった」と苦言を呈した。

 シバターは1日に自身のユーチューブチャンネルで「朝倉未来の立ち上げた大会を見た感想を厳しく言います」のタイトルで動画をアップ。この「BD」は1分1Rの超短期決戦で行われるアマチュア総合格闘技大会でリングは米国のUFCと同じ直径9メートルの金網が設定されている。この会見が2月末に行われ、テストケースとしてのエキシビション「第0試合」も行われていた。

 シバターは「コレじゃない感がすごい強かった。俺が好きな格闘技じゃない」とバッサリ。3試合行われた「第0試合」の内容には「格闘技をやっている人の戦いじゃない。ユーチューバー、素人のケンカみたいなものをやらせたんだけど、格闘技の攻防のようなものはなかった。俺が好きな格闘技じゃなかった」とダメ出し。テクニックの応酬、駆け引き、戦略などがなかったという。

「オレや未来君の出身である『ジ・アウトサイダー』のようなものを目指しているのかもしれないけど…」と企画意図は汲みつつも「少しも面白いと思わなかった。格闘技の〝実験〟にはならないな」と発展性に疑問符をつける。

 あと「危ないなと思った」と重大な危険性を指摘。経験がなく、防御術を知らない素人は、想定外の攻撃を防げずに命にかかわりかねないという。

 さらには内容だけでなく、大会名にも「名前が悪い。検索しづらい。ライジン、プライド、ヒーローは割と簡単に検索しやすいけど、ブレイキングダウンは長い。略しにくいし。まあ、どうでもいい。サブのサブの話なんだけどね」と続けた。

 朝倉未とシバターは良好な関係性を保っているが「言いたいことは言う」のがシバター。この提言を朝倉未はどう受け止めるか。

当時の記事を読む

朝倉未来のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「朝倉未来」に関する記事

「朝倉未来」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「朝倉未来」の記事

次に読みたい「朝倉未来」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 朝倉未来 矢地祐介

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。