【切手美人inザ・ワールド】2006年・アメリカ 名女優ジュディ・ガーランドの波瀾人生

【切手美人inザ・ワールド】2006年・アメリカ 名女優ジュディ・ガーランドの波瀾人生
ジュディ・ガーランドの切手

 アメリカ発行の切手で名優が続々と登場する「ハリウッドの伝説シリーズ」。今回はその中からジュディ・ガーランドを取り上げます。

 母国でジュディは2回も記念切手になっています。最初は1989年、映画「オズの魔法使」50周年記念の切手で、ドロシー役として登場。この作品で17歳のジュディはスターになり、同時に不幸もやってきました。ハリウッドからダイエットを命じられて覚醒剤を常用。20代半ばに薬物中毒の症状がひどくなり、映画界から干されてしまうのです。

 30代に入り、カムバックした作品が「スタア誕生」のヴィッキー役。これが評価され、ジュディはアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされました。今回の切手の原画は同映画の宣伝用写真をもとに、「タイム」誌のカバーイラストなどで知られるイラストレーター、ティム・オブライエンが描き下ろしたものです。

 切手発行初日のセレモニーは、ジュディの84歳の誕生日にあたる2006年6月10日にカーネギーホールで行われました。3度目の結婚で生まれた娘のローナ・ラフトや、ジュディの仕事仲間だった俳優、女優が集まり、華々しく切手のお披露目をしました。

 ジュディ本人は47歳で死去。睡眠薬の過剰摂取が死因だとされています。ニューヨークで行われた葬式には何千人ものファンが押し寄せましたが、切手の中の笑顔はどこか寂しげに見えてしまいますね。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。