中日・笠原が2回途中6失点KO 大炎上で開幕一軍遠のく

 中日のオープン戦開幕の先発を任せられた笠原祥太郎投手(25)が大炎上だ。2日のソフトバンク戦(ペイペイ)に先発したものの2回途中6失点KO。開幕一軍の座がいきなり遠のいた。

 初回に川島のタイムリーと押し出し死球で2点を先制された笠原は2回も立ち直れず一死満塁から押し出し四球。たまらず与田監督がベンチから飛び出し、わずか1回3分の1での降板となった。

 一昨年はシーズン開幕投手も務めた笠原だが昨季は故障もあって一軍登板ゼロに終わった。前日には「打者との勝負に集中して有利なカウントで進めていきたいです」と語るなど今季の復活にかけていたが、いきなり厳しいスタートとなった。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。