【ダイキンオーキッドレディス】渋野日向子 上位戦線浮上のウラに存在する“キーマン”とは

【ダイキンオーキッドレディス】渋野日向子 上位戦線浮上のウラに存在する“キーマン”とは
“遼化”が止まらない!

“遼化”が止まらない――。国内女子ツアー「ダイキンオーキッドレディス」2日目(5日、沖縄・琉球GC=パー72)、20位から出た渋野日向子(22=サントリー)が67をマーク、首位と4打差の通算6アンダー、5位に浮上した。今年から取り入れたウエッジ4本のクラブセッティングなどが奏功した格好だが、その裏には石川遼(29=CASIO)の存在があった。首位には10アンダーで西郷真央(19=大東建託)と森田遥(24=新英HD)が並んだ。

 4つのパー5すべてでバーディーを奪ったラウンドに渋野は「80点」と高い自己評価。攻略のポイントは、2打目をとにかくグリーン近くまで運ぶのではなく、得意な距離を残すマネジメント。46度、51度、54度、57度と4本入れたウエッジを駆使し、3打目でバーディーチャンスをつくった。

 51度、57度は昨年もセッティングに組み込んでいたもの。57度は一昨年まで56度を1度寝かせたものだったが、昨年から58度を1度立てたものにチェンジした。51度も52度を1度立てて使っている。さらに昨年までのPWの代わりが46度。ここに54度を加えたウエッジ4本セッティングは石川のアドバイスによるもので「『100ヤード以内の精度を上げるならウエッジを増やすという選択肢もあるよ』と言っていただきました」と明かした。

 実際、石川も昨年から48度、52度、56度、60度と4本のウエッジを入れ「140ヤード以内をストロングポイントにしなくてはいけない」と狙いを説明していた。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。