【ノア】武藤敬司「腸炎でメシ食えなかった」…病み上がりでもGHC前哨戦に快勝

【ノア】武藤敬司「腸炎でメシ食えなかった」…病み上がりでもGHC前哨戦に快勝
清宮海斗(右)にシャイニングウィザードを浴びせる武藤

 7日のノア・横浜武道館大会で、清宮海斗(24)とのV1戦(14日、福岡国際センター)を控えるGHCヘビー級王者の武藤敬司(58)がまさかのトラブルを乗り越え、絶好調ぶりを見せつけた。

 武藤は2月12日の日本武道館大会で潮崎豪を破り史上最年長でのGHC王座奪取に成功。その試合後、名乗りを上げた清宮の挑戦を福岡で受けることになった。しかし清宮とは昨年抗争を繰り広げた末、8月の横浜文化体育館大会では一騎打ちに勝利しているだけに「安パイ」と余裕を見せている。

 この日2人は前哨戦の6人タッグ戦で激突。試合はタイトル戦を控え清宮の攻撃を武藤が受けミサイルキックなどで吹っ飛ばされるなどしたが、グラウンドの攻防で優位に立つなどアラカン王者が貫禄を発揮した。

 その後、武藤は敵軍の稲村愛輝に照準を定め仕留めにかかる。ヒザに攻撃を集中すると、最後は武藤が抱えた稲村のヒザに田中将斗のスライディングD、丸藤正道の虎王を決めてからドラゴンスクリュー、足4の字固めのフルコースでギブアップ勝ちを収めた。

 途中で形が崩れたものの、若かりしころの代名詞的な技「スペースローリングエルボー」を敢行する場面もあり、心身の充実ぶりを見せつけたが「実はこの間、腸炎になっちまって、2、3日メシが食えなかった」と告白。だが「俺には、今までの経験があるから。タイトル戦でも体調が万全な時もあれば、熱が38度あったこともあるし、アメリカの試合で時差で全く眠れずに試合をしたこともある」と余裕の笑みを浮かべ、「タイトルマッチには天運も味方につけないといけねえから。なんとか当日は天運も味方にして、頑張りますよ」と話した。

 冗舌だった王者に対し、挑戦する清宮はノーコメント。どうやら今のところペースは王者にあるようだが、果たして…。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。