【センバツ】大阪桐蔭がまさかの初戦敗退 西谷監督「力が及ばない、足りない」

【センバツ】大阪桐蔭がまさかの初戦敗退 西谷監督「力が及ばない、足りない」
拡大する(全1枚)
ベンチから声を出す大阪桐蔭・西谷監督

 強豪の大阪桐蔭(大阪)がまさかの初戦敗退だ。

 第4日第2試合で智弁学園(奈良)と激突。昨秋の近畿大会決勝カードの再現に注目が集まったが、大阪桐蔭は先発の松浦(3年)が初回に4失点。5回からマウンドに上がった関戸(3年)も暴投がらみで3失点するなど、大会屈指の左右の好投手が相次いで早々に降板する異常事態に…。守備の乱れも重なって〝常勝軍団〟らしからぬ試合展開を強いられた。

 西谷監督は5投手を投入する必死の〝総力戦〟に出たが、打線も相手先発の西村(3年)を攻めあぐね、終盤の猛反撃も一歩及ばず、6―8と無情のサイレンを聞いた。

 大阪桐蔭の選抜大会の初戦敗退は初めて。試合後の西谷監督は「守りからリズムを作れず、厳しい攻撃になった。ディフェンスがしっかりできなかったのが敗因。秋に負けた相手だったのでしっかりやりたかったが、力が及ばない、足りない。すべてがまだまだ足りない。この経験を夏に生かしたい」と話した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大阪桐蔭」に関する記事

「大阪桐蔭」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大阪桐蔭」の記事

次に読みたい「大阪桐蔭」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク