古賀稔彦さん死去 山口香氏「逆に背中を押されている気がする」

古賀稔彦さん死去 山口香氏「逆に背中を押されている気がする」
拡大する(全1枚)
山口香氏

 1992年バルセロナ五輪柔道71キロ級金メダリストの古賀稔彦氏が24日朝に53歳で亡くなったことを受け、元世界女王の山口香氏(56)が本紙の取材に応じた。

 この日、関係者から死去の一報を知らされた山口氏は「闘病されていることは昨年からうかがっていて、良くなることを願っていました。私にとって古賀君は弟のような存在。もう会えない、話せないと思うと残念で、寂しいです」と言葉を選びながら話した。

 2人は共に〝三四郎〟の異名を取り、88年ソウル五輪に揃って出場。指導者としても女子強化チームで五輪を目指すなど共通点は多い。

「素晴らしい選手はたくさんいますが、彼が持っている〝華〟は特別でした。私も同じ柔道家ですが、彼が畳の上に立つとワクワク。試合を見るのが本当に楽しみでした。偉大なチャンピオンなのにチャーミング。古賀君が来ると周りがパッと明るくなるんです」

 直前の練習でケガをしながら金メダルに輝いた伝説のバルセロナ五輪。テレビ解説者として現地にいた山口氏は「あの時も周りはピリピリして、大丈夫なの?っていう空気でしたが、古賀君に〝負のオーラ〟が全くなかった。あんな状況でも前向きで、自分が勝つ天命を疑わない。次元が違いました」と振り返る。

 2人は「先輩」「古賀君」と呼び合った。引退後も講演会などで顔を合わせ、思ったことをズバズバと言う山口氏に対し、古賀氏は「先輩、また言っちゃいましたね。しょうがないですね!」とイジっていたという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク