戦友・小川直也氏が語る古賀稔彦さんの思い出「酒が大好きで銀座に遊びにいったなあ」

 少年柔道の指導者として顔を合わせる機会が多くなったけれど、彼は子供が柔道をやれる機会をつくってあげていた。一生懸命、子供たちに教えていた姿を見たし、大学でも学生に教えていた。柔道普及の活動もいろいろやったのはすごいと思うよ。

 最後となった会話で「お見舞いに行きたい」と告げたら「お前には見せられる体じゃない。良くなったらね」と言われていた。今、思えばオレには弱いところを見せたくなかったのかな。最後まで「強い稔彦」でいたかったんだろうね。

 まだ53歳。いくら何でも早すぎる。でも、あいつとはいろいろ話せたし、感謝だよ。心からご冥福をお祈ります。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク