AKB異例のセンター抜てき!14歳の長谷川百々花は「顔面国宝」

AKB異例のセンター抜てき!14歳の長谷川百々花は「顔面国宝」
拡大する(全1枚)
14歳の長谷川百々花

 異例のセンター抜てきで、AKB48に新たなスターが生まれるのか。

 24日放送の日本テレビ系音楽番組「Premium Music 2021」に出演した同グループ。ヒット曲メドレーの最初に披露した「フライングゲット」でセンターで登場したのは、14歳の長谷川百々花(はせがわ・ももか)だった。

 長谷川は、47都道府県それぞれの代表メンバーで構成されているAKBチーム8の福島県代表メンバー。「はせもも」のニックネームで知られる中学2年生で、19年に加入したばかりだった。

 シングルの選抜メンバーに選ばれた経験がないにもかかわらず、音楽番組でセンターへの抜てきは異例だ。ツイッターでは「誰? めっちゃかわいい!」などと驚きの声であふれ、「はせもも」や「AKB48」がトレンド入りした。

「センターとして個人練習のほか、ダンスの先生とともに2日間みっちり練習をしました。驚いたのは出演後で、笑顔で『楽しかった』と言ってましたね。14歳という伸び盛りでもあり、先生らスタッフも『成長がすごい』とみんな驚いている」(AKB関係者)

 そんな長谷川が加入したのは〝偶然〟。もともと芸能界に興味がなかったというが、以前の本紙のインタビュー取材では「新聞で、親がチーム8のオーディションを見つけて、勝手に応募されてたんです」と告白。ダンス審査で、チーム8楽曲「47の素敵な街へ」を踊った際に「それが楽しくて。オーディション中に『アイドルやってみたいな』と思うようになりました」と明かしていた。

 抜群のルックスで、チーム8で「顔面国宝係」という役割も担う長谷川。今後のAKB48を担うメンバーとなりそうだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。