【桜花賞】白毛伝説第2章!ソダシ劇的進化 今浪厩務員「あいつと似てきて大変やねん…」

 白毛伝説第2章が幕を開ける――。2021年春のクラシック開幕戦は3歳牝馬による第81回桜花賞(11日=阪神競馬場・芝外1600メートル)。4戦4勝でJRA賞最優秀2歳牝馬に輝いたソダシ(須貝尚介厩舎)が不動の主役だが、いまや単なるアイドルではない。厩舎の偉大な先輩でGⅠ6勝の芦毛馬ゴールドシップに「とにかく似てきた」との気になる声も…。かれんな白い妖精はいったいどのように変貌しつつあるのだろうか?

 昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで白毛馬初となるJRA・GⅠを制覇したソダシ。阪神JF優勝直後にはネットの検索サイトで「ソダシ」がトレンド1位を飾るなど、競馬ファンのみならず世間の注目度は高かった。ぶち柄で人気を博したブチコ(注1)の子供とあって、当初は人気先行のアイドルホース的な存在だったが、GⅠを制したことで実力も兼ね備えたスーパーホースへ。競馬の枠を超えて、多くの人たちの心をつかんでいる。

 放牧先から2月10日に栗東トレセンへ帰厩。須貝厩舎の調整パターンではレース1か月前の帰厩が多いが、発馬練習を含めて時間をかけて調整するための措置。母ブチコはゲート難で引退を余儀なくされただけに、少しでも気になる点は早めに改善したい、という陣営の意図が感じられる。

「週1回ゲートの練習をしているけど、日に日に良くなっている。3週前の練習はゲート内でおとなしくて、長く中にいても問題なかった。(主戦の吉田)隼人がうまくコンタクトを取ってくれているので今回は不安なく臨める」。担当の今浪隆利厩務員(62)は安堵の表情を浮かべる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「桜花賞」に関する記事

「桜花賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「桜花賞」の記事

次に読みたい「桜花賞」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク