【柔道】井上康生監督が海外合宿プラン明かす 東京五輪へ「最後の詰めをしないといけない」 

【柔道】井上康生監督が海外合宿プラン明かす 東京五輪へ「最後の詰めをしないといけない」 
拡大する(全1枚)
井上康生監督

 柔道男子日本代表の井上康生監督(42)が10日、オンライン取材に応じ、東京五輪に向け、海外合宿プランを明かした。

 グランドスラム(GS)アンタルヤ大会、アジア選手権(キルギス)の国際大会2連戦を終えた男子。東京五輪66キロ級代表の阿部一二三(23=パーク24)がGSアンタルヤで優勝。同100キロ超級代表の原沢久喜(28=百五銀行)、同100キロ級代表のウルフ・アロン(25=了徳寺大職)はGSでは銀メダルだったが、アジア選手権で優勝した。

 井上監督は各選手の課題を挙げたうえで、東京五輪までの強化策について言及。「世の中の状況を見て慎重に考えないといけないとは思っているが、(海外合宿を)視野にいれたスケジュールで考えている。海外勢と組まないとわからないことがあったと選手たちも言っていた。環境が整うなら海外の選手たちと組み合う環境作りをして、最後の詰めをしないといけないと思っている」と明かした。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。