【競泳】池江璃花子が大会4冠! 50メートル自由形で優勝も個人種目での五輪出場ならず

 競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会最終日(10日、東京アクアティクスセンター)、白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20=ルネサンス)が、女子50メートル自由形決勝を24秒84で優勝。今大会、100メートルバタフライ、同自由形、50メートルバタフライに続く「4冠」を達成した。

 50メートルバタフライ決勝からわずか1時間後のレース。これまでの疲労が蓄積して体力も限界に近づいていたはずだが、池江は後半でトップに立つと、そのままリードを守った。

 前日の準決勝では全体1位の24秒87をマーク。この日はさらにタイムを伸ばして復帰後の自己ベストを塗り替えた。また、同種目の派遣標準記録(24秒46)を突破することはできなかったが、回復途上で出場種目〝コンプリート〟は本人の努力にほかならない。

 今大会の全レースを終えた池江は400メートルリレーと同メドレーリレーの五輪出場権を獲得。復帰ロードは次のステージに突入する。

当時の記事を読む

池江璃花子のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「池江璃花子」に関する記事

「池江璃花子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「池江璃花子」の記事

次に読みたい「池江璃花子」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月10日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 池江璃花子 Instagram
  2. 池江璃花子 twitter
  3. 池江璃花子 五輪

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。