松山英樹マスターズVを支えた目沢秀憲コーチが保持する資格「TPI」とは

「マスターズ」(ジョージア州オーガスタナショナルGC)で日本人初のメジャー制覇を達成した松山英樹(29=LEXUS)を支えたのが、今年から契約した目沢秀憲コーチ(31)だ。同コーチが保持することで話題の資格「TPI」とは、どのようなものなのか。

「TPI」とは、ゴルフメーカーのタイトリストのサポートで2003年に設立された「Titleist Performance Institute」の略。日本プロゴルフ協会や日本女子プロゴルフ協会が認定する「プロゴルファー」や「ティーチングプロ」の資格とは異なる。

 従来のレッスンでは「トップはこうあるべき」「バックスイング(ダウンスイング)はこう振る」といった〝形〟を重視することが多いのに対して「TPI」ではゴルファーそれぞれの柔軟性や筋力に応じて、最も効率的なスイングがどのようなものかを考える。

「スイングのスタイルは無限にあっても、その人にとって効率的なスイングはひとつ」とのメソッドに基づいた動きを取り入れたことで、手首などに痛みが出ることのある松山にとっても、負担が少ないスイングができるようになったというわけだ。

 資格は「レベル1~3」の3段階。「レベル1」では全般的な理論の基礎を習得し、上級のレベル2と3では資格が「ゴルフ」「ジュニア」「メディカル」「フィットネス」の4つに分かれる。

 目沢コーチは最高峰の「レベル3」の「ゴルフ」と「ジュニア」の資格を保持。いずれも国内の認定者は10人ほどだけだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松山英樹のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松山英樹」に関する記事

「松山英樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松山英樹」の記事

次に読みたい「松山英樹」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク