グッチ創業者一族が映画ハウス・オブ・グッチに不満「本当にがっかりした」

記事まとめ

  • 映画「ハウス・オブ・グッチ」に創業者一族が不満を募らせた。
  • 「一族を代表して言わせてもらうが、本当にがっかりした」と憤慨。
  • 事件をセンセーショナルに描き、グッチ家のプライバシーを侵害すると訴えた。

レディー・ガガ出演の映画「ハウス・オブ・グッチ」にグッチ創業者一族が不満ブチまける!

 レディー・ガガとアダム・ドライバーが共演し、イタリアの高級ファッションブランド「グッチ」の創業者一族をめぐる暗殺事件を赤裸々に描いた映画「ハウス・オブ・グッチ」に当事者が不満をブチまけた。

 今年11月に公開予定の同作は「エイリアン」や「ブラックレイン」のリドリー・スコット監督が手掛ける。アダムは創業者グッチオ・グッチの孫で同ブランドの経営を担ったマウリツィオ・グッチに扮し、ガガは後にマウリツィオを暗殺した元妻パトリツィア・レッジアーニを演じる。

 マウリツィオのまたいとこに当たるパトリツィア・グッチ氏は今週、AP通信とのインタビューで、同作が事件をよりセンセーショナルに描き、グッチ家のプライバシーを侵害するものだと訴えた。

 同氏は「一族を代表して言わせてもらうが、本当にがっかりした」と憤慨。

 続けて「(製作側は)ハリウッドのカネ儲けのため、一家族のアイデンティティーを奪った。私たちの家族にはアイデンティティーやプライバシーがある。私たちは何でも話せるが、越えられない一線がある」と不満を募らせた。

「マウリツィオ暗殺事件」とは1995年3月、グッチの女帝のように振る舞っていたレッジアーニが、自分と離婚して別の女性との再婚を決めたグッチ家3代目の元夫をマフィアを使い殺害した衝撃の事件だ。

 事件は発生から2年後、暗殺犯が受け取った報酬金が少なかったことから発覚。レッジアーニは逮捕され、裁判で禁錮29年の有罪判決が言い渡された。98年から服役し、短縮された刑期を2016年に終え、出所した。

 この暗殺事件はハリウッドにとって格好の題材となり、映画化構想が00年代初頭から幾度も浮上しては立ち消えていた。

 グッチ一族は93年に株式を売却し、経営から撤退。同ブランドは04年に仏大手企業体ケリング傘下に買収された。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。