【ドラディション】今井絵理子氏「私のほうが緊張」 長男・礼夢が “聖地” 後楽園に初出陣! 

【ドラディション】今井絵理子氏「私のほうが緊張」 長男・礼夢が “聖地” 後楽園に初出陣! 
拡大する(全1枚)
果敢に攻める今井礼夢(右)

 ドラディション16日の東京・後楽園ホール大会で、女性グループ「SPEED」元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(37)の長男・礼夢(16)が聖地初登場を果たした。

 礼夢はこの日、三州ツバ吉(50)とタッグを組んで倉島信行(48)、TAMURA(41)組と対戦。TAMURAに対し、ショットガンドロップキック、倉島にはランニングエルボーと強烈な打撃技を決めていった。

 さらにTAMURAに丸め技を連発し、ブレーンバスターを発射したが3カウントは奪えない。カウンターのラリアートを浴び形勢逆転を許すと逆エビ固めでギブアップ負けを喫した。

 客席には応援に駆け付けた今井議員の姿もあった。本サイトの取材に応じた今井議員は「一歩一歩成長している姿が見れてうれしく思いますし、息子が頑張っている姿を見て私もお仕事を頑張ろうと思いました」と目を細めた。

 後楽園ホールは今井議員が10代のときから何度も足を運んだという、言わずとしれたプロレスの聖地。その舞台で初めて試合をした礼夢に対し「私のほうが緊張しました。怪我はつきものだと思いますけど、母としてしっかり見守って支えていけるように頑張りたいと思いますし、息子もプロレスを楽しんでほしいなと思います」とエールを送っていた。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。