頼れる扇の要 西武・森が均衡を破る3号決勝弾

頼れる扇の要 西武・森が均衡を破る3号決勝弾
拡大する(全1枚)
打った瞬間の3号ソロを放った西武・森

 頼れる西武の扇の要・森友哉捕手(25)が16日のソフトバンク戦(メットライフ)で起死回生の3号勝ち越しソロを放った。結局、これが決勝点となり2―1で勝利した。

 先発・高橋光と昨年のパ・リーグ最多勝投手、ソフトバンク・石川による1ー1の投手戦。その均衡を破ったのは女房役の森だった。

 6回一死で迎えた第3打席、森は石川の甘く入ってきた143キロストレートを一閃。打球は右中間スタンドへと吸い込まれ値千金、3月28日オリックス戦(メットライフ)以来の3号弾となった。

 森は「打ったのは真っすぐです。最低でも塁に出ることを意識して打席に入りました。(髙橋)光成が頑張ってますので援護できて良かったです。打った瞬間にスタンドに入ると思いました」とコメントした。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

森友哉のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「森友哉」に関する記事

「森友哉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森友哉」の記事

次に読みたい「森友哉」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク