藤浪の決勝アーチで虎6連勝!「本業は反省」も好調のウラで進む〝野手化〟

 1450日ぶりの本拠地勝利は〝リアル二刀流〟でつかんだ。阪神藤浪晋太郎投手(27)に聖地の勝利の女神もついにほほ笑んだ。今季甲子園初先発となった16日のヤクルト戦。6回途中まで無失点と先発の責務を果たしただけなく、5回に自身3年ぶりとなる決勝アーチを放って2勝目を挙げた。チームも6連勝で12球団一番乗りで貯金10。ノリノリのチームに右腕がさらにインパクトを与えた。

 この日から着用の「ウル虎イエローユニホーム」で藤浪は「きょうは本業で反省すべきことが多かった」としながらも、粘りの投球で先発の責務を果たした。5四死球と〝荒れ〟はしたが、6回二死まで本塁を踏ませなかった。

 さらに両軍無得点の5回二死二塁の先制機では、ヤクルト・石川から左中間へ3年ぶりアーチとなる先制2ラン。試合のハイライトには藤浪がいた。

 2017年4月27日DeNA戦以来となる甲子園での勝利でのヒーローインタビューでは〝リアル二刀流〟となる劇弾を「大阪のおばちゃんみたいなユニホーム着ているので、何とかしぶとくいってやろうと」と奇抜な戦闘服にかけ「ドン引きです(笑い)」と、値千金弾を9日の佐藤輝の場外弾のときと同じコメントを放ち、聖地の猛虎ファンから大喝采を浴びた。

 関西人らしくお茶目に振り返ったが、もちろん「やることをやった」からこその節目の勝利でもある。12日に27歳になった直後の登板で得た今季2勝目は、投打での貢献を予兆していたかのような調整で臨んできた。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「阪神タイガース」に関する記事

「阪神タイガース」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「阪神タイガース」の記事

次に読みたい「阪神タイガース」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。