“キング”内村航平が復活の五輪へ 日本体操協会・高橋孝徳男子本部長「彼は繊細。柔軟に対応できる」

 キングの〝最後の進化〟はあるのか。体操の東京五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権(16日、群馬・高崎アリーナ)の男子種目別トライアウトで、五輪個人総合2連覇の内村航平(32=ジョイカル)が鉄棒で15・166点をマークし、トップで18日の決勝に進出した。大舞台に向けて上々のスタートを切ったが、切符を手にするまでの道のりは容易ではない。それでも日本体操協会の高橋孝徳男子審判本部長は、32歳となっても演技の質がまだまだ向上するとみている。

 さすがの集中力だった。冒頭のH難度の大技「ブレトシュナイダー(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」を決めると、カッシーナ、コールマンも成功。演技前の練習でバーを握る感覚がいつもと違い、多少の不安もあったようだが、キングは「予選としては上出来かな」と振り返った。

 これまでターゲットにしてきた団体代表ではなく、今回は鉄棒に専念。内村は「(若手が)非常に頼もしい。同じチームでできないのが残念」と話すが、〝スペシャリスト〟として五輪を目指す道を選んだ。日本は個人枠をすでに1枠確保しており、最大で2枠。出場権を手にするには、今大会のトライアウト、決勝、5月のNHK杯、6月の全日本種目別選手権予選、決勝で高得点が求められる。また、他5種目の選手もライバルとなるため、決してハードルは低くない。果たしてここからさらに調子を上げ、切符を手にできるのか。

 この日は手を離した場面や着地などで減点があった。演技を見た高橋本部長は「内村選手に限らず有力選手に普段見られないようなミスがありましたが、春先の大会ということで、ここから仕上がっていくのではないでしょうか」と分析した。


あわせて読みたい

内村航平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「内村航平」に関する記事

「内村航平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「内村航平」の記事

次に読みたい「内村航平」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 内村航平 引退
  2. 内村航平 筋肉
  3. 内村航平 連覇

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。