ファウルと勘違い? 巨人・戸郷が打席で〝フリーズ〟 バント後に走らず併殺に

 17日のDeNA戦(横浜)に先発した巨人・戸郷翔征投手(21)がまさかの〝フリーズ〟だ。

 1―1の2回一死一、二塁の場面で第1打席を迎えた戸郷。バントの構えから3球目の内角直球をバットに当て、打球は高くバウンドした。ここで戸郷はファウルと判断したのか、一塁に走ることなく、打席で〝棒立ち状態〟に…。しかし、球審の判定はフェアで、打球を処理した捕手から三塁、一塁と転送され、併殺となってしまった。

 今季でプロ3年目の右腕はこの日の登板前まで47打席で無安打。原監督は以前に戸郷のさらなる課題として「もうちょっとバッティングが良くなることでしょうね。バントはね」と指摘していたが…。送りバントを成功させることは自身の投球を助けることにもなるだけに、腕を磨きたいところだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月17日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。