大谷がレンジャーズ・有原と初対決 元同僚から122メートルの大飛球

 エンゼルス大谷翔平投手(26)は19日(日本時間20日)に本拠地アナハイムのエンゼル・スタジアムで行われたレンジャーズ戦に「2番・DH」で出場し、4打数無安打だった。チームは4―6で敗れた。日本ハム時代の同僚、レンジャーズ先発の有原航平投手(28)との初対決は一ゴロ併殺、中飛に抑えられた。有原は5回2/3を2安打無失点、6三振2四球の好投で今季2勝目(1敗)を挙げた。

 有原とのファーストコンタクトは初回無死一塁だった。初球93マイル(約150キロ)の真ん中へのストレートをファウル。2球目と3球目の低めのチェンジアップを見逃してカウント2―1からの4球目、ほぼ真ん中の89マイル(約143キロ)のカットボールを強打。強い打球は一塁手の正面に飛び、併殺打に倒れた。大谷が一塁を駆け抜けたタイミングが微妙で、マドン監督はチャレンジを要求したが覆らなかった。

 球場が最も盛り上がったのは0―1の4回一死無走者だった。カウント2―1からの4球目、外角のチェンジアップを豪快にすくい上げた。中堅最深部に飛んだ401フィート(約122メートル)の大飛球がフェンスを越えようとした瞬間、元巨人の中堅手・ガルシアがグラブを差し出しながらジャンプして好捕。スタンドからタメ息が漏れ、大谷は苦笑いしながらベンチに戻った。

 6点を追う6回二死一、二塁は有原に代わって左腕マーティンが登板。カウント2―2からの5球目、外角低めのスライダーに空振り三振だった。

 4―6の8回先頭は2018、19年に中日でセットアッパーとして活躍した左腕ロドリゲスと対戦。フルカウントからの6球目、内角から外側に逃げるツーシームにバットは空を切った。

 バットでチームに貢献することはできなかった大谷だが、20日(同21日)のレンジャーズ戦で、4日(同5日)以来となる今季2度目の先発マウンドに上がる。リアル二刀流が期待されたが、マドン監督は投手に専念させると明言した。100マイル(約161キロ)超えを連発して、白星をつかむことはできるか。楽しみだ。

あわせて読みたい

大谷翔平のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大谷翔平」に関する記事

「大谷翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大谷翔平」の記事

次に読みたい「大谷翔平」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日の野球記事

キーワード一覧

  1. 大谷翔平 年俸
  2. 大谷翔平 手術
  3. 大谷翔平 現地メディア

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。