日本ハムのドラ1伊藤が快挙達成 NPB新人タイ記録の23イニング連続奪三振

日本ハムのドラ1伊藤が快挙達成 NPB新人タイ記録の23イニング連続奪三振
拡大する(全1枚)
日本ハム・伊藤大海

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・伊藤大海投手(23)が21日のロッテ戦(ZOZOマリン)に先発登板。4回まで毎回の奪三振を記録し、1980年の木田勇(日本ハム)の持つNPB新人記録、23イニング連続奪三振に並んだ。

 しかし、続く5回は三振を奪うことができず、3月31日のデビュー戦(対西武)から続いていた連続イニング奪三振は途切れた。

 同連続記録のプロ野球記録は2015年のソフトバンク・サファテによる43イニングとなっている。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月21日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。