【伊原春樹氏が選ぶ24人の侍】先発はオリ山本由伸とG菅野の2本柱、一塁はDeNAルーキー・牧だ

【伊原春樹氏が選ぶ24人の侍】先発はオリ山本由伸とG菅野の2本柱、一塁はDeNAルーキー・牧だ
拡大する(全1枚)
伊原春樹氏が選ぶ24人

 東京五輪開幕まで3か月を切った。しかし、新型コロナウイルスへの懸念が強まり、開催自体を疑問視する声も後を絶たない。それでもアスリートたちは大会開催を信じ、五輪種目として2008年北京以来の復活となる野球で金メダル獲得を目指す日本代表・侍ジャパンの面々も、その思いは同じだ。では、指揮を執る稲葉篤紀監督(48)は一昨年の秋に優勝を飾ったプレミア12から登録メンバーが4人減る五輪で、誰をチョイスするのか。本紙専属評論家の伊原春樹氏が「24人の侍」を大胆予想した。

【伊原春樹氏が選ぶ24人の侍】東京五輪のメンバーを選ぶとなると、前回の代表メンバーは一旦“白紙”に戻すことが大前提だ。「プレミア12」はまったく関係ない。一昨年11月の大会で活躍したメンバーうんぬんではなく、現在調子がいい旬の選手を率先して侍ジャパンに加えていくべきである。

 先発は負傷離脱したソフトバンクの千賀滉大が招集不可と考え、オリックス・山本由伸と巨人・菅野智之を柱にする。多くの人は楽天に復帰した田中将大を「本命」として加えたいところだろうが、コンディション不良で出遅れたことから力量が測りづらく、柱としては計算を立てにくい。

 特に意識したつもりはないが、投手陣には自然に若いメンバーが揃う形になった。日本ハムのルーキー・伊藤大海は制球力を買い、メンバーに組み込みたいところ。そしてオリックスの高卒2年目左腕・宮城大弥もコントロール抜群で150キロ前後の直球、カーブ、スライダー、チェンジアップと多彩な球種によって緩急を織り交ぜ、開幕から相手を手玉に取っている。この宮城の投球スタイルは外国人相手にかなり有効な武器になるはずだ。西武2年目の平良海馬、広島のルーキー・栗林良吏も鉄壁のリリーフ陣形成のためには外せない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「侍ジャパン」に関する記事

「侍ジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「侍ジャパン」の記事

次に読みたい「侍ジャパン」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク