広島が松山を今季初の4番起用 西川は代わって5番に

広島が松山を今季初の4番起用 西川は代わって5番に
拡大する(全1枚)
広島・松山

 5連敗中の広島は5日の巨人戦(マツダ)で打線を前日4日から変更した。一番の違いは「4番・一塁」に松山竜平外野手(35)に入ったことだ。松山が4番を務めるのは2020年11月11日の中日戦以来で、今季は初めて。

 これまで4番だった西川龍馬外野手(26)は「5番・左翼」に組み替えられた。そして「2番・中堅」で羽月隆太郎内野手(21)が2試合ぶりに先発出場。「6番・三塁」には安部友裕内野手(31)、「7番・捕手」には石原貴規捕手(23)が入った。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク