中日・小笠原 白星スルリ 6回3失点降板を猛省「初回に球数を使い過ぎてしまった」

 中日・小笠原慎之介投手(23)が今季3勝目を逃した。

 11日の阪神戦(甲子園)に先発し、6回5安打3失点と試合をつくり、勝ち投手の権利を持って降板した。

 しかし、4―3の7回から登板したリリーフ陣が踏ん張れない。2番手・祖父江が簡単に二死を取りながら、代打・原口に内野安打を許して降板。3番手・福が近本に四球を与え、続く糸原に同点の適時打を浴びてしまった。

 それでも小笠原は、2長短打を浴びるなど34球を費やして1失点を喫した初回を反省。「初回に球数を使い過ぎてしまいました。本当であればもう少し投げたかったが、最低限の仕事はできたと思う。でも、6連戦の最初の試合から早くマウンドを降りてしまい、申し訳ない」とうなだれた。

 結局、ゲームは4―4の引き分けに終わった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク