西郷輝彦が日本未承認の前立腺がん治療を受けるため渡豪

西郷輝彦が日本未承認の前立腺がん治療を受けるため渡豪
拡大する(全1枚)
西郷輝彦

 俳優の西郷輝彦(74)が12日、がんの「最先端治療」を受けるため、4月末にオーストラリアに渡っていたことを所属事務所を通じて発表した。

 西郷は2011年に前立腺がんを摘出。その後、治療を続けていたが、このほど前立腺がんのマーカーが上昇したという。最先端治療は日本では未承認だったことから、オーストラリアに行くことを決めた。8月末の帰国を予定している。

 西郷は「このたび、最先端治療を受けるためオーストラリアに来ました。先の5年10年を見据えて今、治療をすることを決意し、日本に戻ったらまた元気に仕事をしていきたいと思っております。少し時間があるときにYouTubeを始めてみることにしました。是非そちらもご覧ください。何卒よろしくお願い致します」とコメントしている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

西郷輝彦のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西郷輝彦」に関する記事

「西郷輝彦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷輝彦」の記事

次に読みたい「西郷輝彦」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク