欧州サッカー連盟 ESL3クラブへ懲戒処分を開始

 欧州サッカー連盟(UEFA)は12日、欧州スーパーリーグ(ESL)をいまだに放棄していないレアル・マドリード、バルセロナ(ともにスペイン)、ユベントス(イタリア)に対して懲戒処分の手続きを開始したと発表した。

 UEFAは、この3クラブによるESL計画が同連盟規則に違反していている可能性があるため、懲戒調査員を任命して調査にあたらせるとし、「この件に関する詳細な情報は、追って発表する予定」とした。すでにUEFAはESLを支持する3クラブへ「適切な措置」を取ると発表しており、欧州メディアは、UEFA規則で認められている最長2年間の欧州チャンピオンズリーグ(CL)などの欧州大会出場禁止処分となる可能性を指摘していた。

 当初ESL参加を表明した後に撤退したトットナム、アーセナル、マンチェスター・シティーマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リバプール(ともにイングランド)、アトレチコ・マドリード(スペイン)、インテル、ACミラン(ともにイタリア)は謝罪。その上で総額1500万ユーロ(約20億円)を欧州サッカー界に寄付するなどの宣言書をUEFAに提出し、CLや欧州リーグ(EL)といったUEFA主催の大会参加を許されていた。

 ただ4月20日にスペイン・マドリードの商業裁判所は、UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)に対してESLを阻止する行為も、当該クラブの選手、役員に対するいかなる懲戒処分も行うことを禁止するという判断を下しており、今後の行方が注目される。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク