パラアーチェリー女子リカーブ・重定知佳 憧れの人の言葉で引退撤回「金メダルを取りにいくという目標は変わらない」

【Restart パラヒーローズ その壁を乗り越えろ(31)】新型コロナウイルス禍の中でも、パラアーチェリー女子リカーブの重定知佳(38=林テレンプ)の目に迷いはない。東京大会の開幕まで16日でちょうど100日。すべてを競技にささげる“未来の金メダリスト”が祭典への思いを口にした。

「普通にいじめとかありましたよ」。中学2年時に、両足がまひする進行性の難病「HTLV―1関連脊髄症」を発症。当然他人にうつることはないが「急に無視されるようになった」と振り返る。さらに、高校3年時には自転車も乗れないほどまで症状が悪化。周囲の視線を気にして、外に出る回数も減った。

 そんな時に出会ったのが車いすテニスだった。会社の同僚に「引っ張り出された」と半ば強引な形だったが「車いすテニスとの出会いは大きかった。障がいのハードルが下がったというのは少し違うかもしれないが、それが今の私をつくってくれた」。ただ、一時は国内ランキング上位に君臨しながらも若手陣の台頭があり、2013年に現役を引退した。

 15年からは「趣味みたいな感じ。1年間しかするつもりはなかった」と軽い気持ちでアーチェリーをスタート。しかし、神様が重定にいたずらを仕掛けた。引退試合と決めていた16年全国障がい者スポーツ大会で「私の中ではスター選手だった」という男子リカーブの上山友裕(33=三菱電機)に遭遇したのだ。「テレビの中でしか見たことがないような芸能人くらいの感覚だったので、なんかアクションを起こそうと思って、自分から声をかけた」。憧れの存在から指導を仰ぐと、翌日の試合では大会新記録で優勝。上山が「代表目指しませんか」と声を掛けるほどのパフォーマンスを見せつけた。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク